blog index

一日一喝

20で神童30で才子
40過ぎればヤバいひと
総来訪者
本日昨日
<< 土壇場の経済学 | main | 少子化問題は斬るより刻め >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
少子化問題はリスクかアベレージか
 なんだか議論が続いているようですね。全体の俯瞰は「ぎょろぐ。」さんが便利。
 児童手当をめぐる議論の一部は、「統計でウソをつく法」の見本市のようになって来ました。フランスが手厚い児童手当を導入したことと、フランスの出生率が(長いこと低迷した後)上がってきたことには因果関係があるかもしれないし、ないかもしれません。政策で手柄を立てたい人たちは、有効な政策を売り込まなければなりませんから、そのことの検証が意識的にか無意識にか、いい加減です。実際に導入してもし無効なら、「手当てがまだまだ足りないせいだ」と言えばいいのですから、彼らは安全なのです。なぜ地方自治体の赤字が積み上がってきたか、考えてみてください。使い道を追加するから赤字になるのです。

 さて本題。
 子作りをためらう理由は、リスクなのかアベレージなのか。ここは重要なポイントです。
 アベレージだとすれば、少子化問題はひとえに負担配分の問題です。社会の維持にとって望ましい子作りのコストをどう分担するかという問題。税金で取って手当てで戻すか、保育園という現物供給をコントロールするのがいいのか。生産活動の現場である企業で費用を集めさせるのか、所得が個人に下りてから取り立てるのか。家事サービス・教育サービスがメリット財(個人の損得を超えた倫理的・社会的理由で、現状よりもっと消費されることが望ましい財)だとしたら、経済取引されず、家庭で作られ消費されている家事サービス・教育サービスを(隠れた税負担として)どう評価し、業として供給される家事サービス・教育サービスとの関係をどう考えるのか。そういう問題です。
 私も公務員機構の端っこに10年いてつくづく思いますが、行政手段(減税や児童手当を含む)は、リスク処理がとことん苦手です。行政手段のオペレーションは、何より、公平でなければならないから。税金の使い道としての公平性を守ろうとするあまり、行政の対応は杓子定規で、後手後手なものになります。例えば「暴力団 生活保護」でgoogle検索してみると、行政の公平性につけ込もうとする人たちにどんなことが出来るか、現場でどう苦労しているかがわかります。
 子育てのリスクは病児保育に始まって、様々な疾患・障害を持つ子への全面的責任、家庭内暴力の可能性まで、重大さや確率は様々です。「うまくいくかもしれない」が「うまくいかないかもしれない」のです。例えば職に就かなければ保育園に申し込むことは(空き具合によって地域でさじ加減は違うでしょうが)困難です。しかしいったん職を離れる羽目になると、保育園の確保が出来なければ職が見つからないわけです。職場から離れずにやって行けるのか。職場はそれを許すのか。職場も夫も口では応援してくれてもどれだけ負担は減るのか。これはアベレージだけ見ていてもムダで、どうなるかわからないリスクです。
 良い家庭を育てることは、良い中小企業を育てることに似ています。リスクを(客観的に、また心理的に、周囲の人間集団の動揺を抑えつつ)処理できる力が、人数×力量の掛け算として、どれだけあるかなのです。良い中小企業を育てることは簡単だ、と言う人には出合ったことがありませんが、少子化対策は簡単に見つかると思っている人がどうも多いように感じます。
 
| 並河 永 | 時事・議論 | 08:47 | comments(2) | trackbacks(14) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:47 | - | - |
コメント
はじめまして。うちの過去エントリですが、「現在の日本の労働慣行・労働市場では、リスクを吸収しきれない」という意図のものがあるので、こちらにトラックバックさせていただきました。これからもよろしくお願いします。
| NIL | 2005/01/11 11:51 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/01/16 3:02 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hnami.jugem.cc/trackback/119
少子化問題言論俯瞰。
なんかR30氏はどっか出掛けてるみたいですが、ネタ自体は続行気配なので折角ブログ...
| ぎょろぐ。 | 2005/01/11 5:06 PM |
少子化問題言論俯瞰。
なんかR30氏はどっか出掛けてるみたいですが、ネタ自体は続行気配なので折角ブログ...
| ぎょろぐ。 | 2005/01/11 5:07 PM |
[年金問題]財政再計算の内容を評価する(その4')
id:sakidatsumono:20041103の続き。今回は脱線なので、その5ではなくその4’にした。なぜ少子化対策が効果をもたらさないかという話。 まず金をかければ出生率が回復するというものではない。出生率の高いスウェーデンでは学校教育が無料だとか児童福祉が手厚いという
| お金について考えたこと | 2005/01/11 11:47 PM |
[年金問題]財政再計算の内容を評価する(その4'')
改めて読み返すと、「一部の正社員にしか現在の少子化対策は有効ではない」「保育園は政治的な理由でも増えない」から、「一番の問題は硬直した労働慣行」に持っていくには論理に飛躍がある。この点について以下に補足しようと思う。 スウェーデンは児童福祉に力を入れ
| お金について考えたこと | 2005/01/11 11:48 PM |
どうしようかと思ったんだけど
なんかミクロの少子化原因についての本筋以外での細かい指摘の応酬や、ハトポッポな意...
| ぎょろぐ。 | 2005/01/12 1:27 AM |
天下の暴論的少子化対策のアイデア
 えーと皆様ごぶさたです。ブロードバンド環境が確保できなくて、ネット見るのにも四苦八苦してるR30@丁寧語仕様です。  少子化対策の話題、ぼやぼやしてるうちにコ
| R30::マーケティング社会時評 | 2005/01/12 1:54 AM |
子育て支援は、まずお金!!
内閣府の調査によると、 「少子化対策として何が重要な政策かという」質問に対し、 「保育・教育、医療費への補助など経済的支援」をあげた人が、 69.9%と一番多かったそうです(10月9日朝日新聞朝刊)。 確かに、子育てにはお金がかかります!! 今
| 子連れ狼が斬る! | 2005/10/13 11:20 PM |
少子化社会での税制
最近の新聞を読むと、少子化、超高齢化社会という言葉が頻繁に目に飛び込んできます。...
| 村田守弘のブログ | 2006/07/09 10:04 PM |
幼児教育とパパ育児
幼児教育情報、英語、あそび、育児、成長記録、育児グッズレビューなどなど。
| 幼児教育とパパ育児 | 2007/02/02 10:38 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/22 6:35 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/04 8:29 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/30 10:21 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/11 6:47 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/16 6:23 AM |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

bolg index このページの先頭へ