blog index

一日一喝

20で神童30で才子
40過ぎればヤバいひと
総来訪者
本日昨日
<< 自動指導システム計画中 | main | データの使い方(第2回ミニレポートより) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
プロのジャーナリズムその他について
 このblogはblogのシステムを使った電子黒板みたいなもので、はなから普通の日記として展開する気はないわけですが、議論の場になれば面白いなあ、と思っていた時期はあります。春先の準備期に経済関係のblogをあさって、木村剛さんのblogを見つけて、なんとか議論に加われないかと思ったことはあったわけです。ところがどういうわけか私のトラックバックだけスルーされることが数度あって、まあこちらのヒットは確実に一時的に増えたし、ある意味同業他社だし、しつこく突っ込むのもやりすぎかと思ってそのままにしていました。私も学期が始まって大量のシートに返事を書く生活に疲れ果てていたせいもあります。
 最近なにか木村さんの関連銀行をめぐって色々な話が雑誌等で聞こえてくるので事情を調べているうちに、面白い「プロのジャーナリスト」論を見つけたので、乗っかってみます。ただ私はジャーナリストではないので、「プロのクオリティ論」まで勝手に話を広げさせていただきますが。
プロのジャーナリズムとは何かについて考えてみる(その3)
 私の知っているライターさん(ここに出てきた人)があるとき、「いい文章を書くのがプロじゃないです。締め切りを守るのがプロです」と酒を飲んで言ってました。「プロの仕事は最低限度で測られる」これは多くの業界でそうだと思います。わずかな確率で不良品を出せばそれが評判になり、責任を問われます。といっても、だいたいいいのを出してるじゃないか、と言って長年平気な顔をしていたのは、我が大学業界であるわけですが。ともあれ、R30さんの
一定以上のクオリティの継続的出力
は大事な基本線だと思います。
 「継続的出力」という部分さえ多くの発信者から目利きして拾い上げるシステムで担保できれば、あるいはfinalventさんのおっしゃるように菜根をかじって(理想のために欲得を捨てて)屋台骨を支える少数の人がいれば、アマの集合体でプロの代わりが出来るかもしれない、とR30さんはおっしゃっているようです。前者に似たようなことは私も考えたことがありますし、子供の保育に首を突っ込んでみると、保育はまさにこの菜根をかじる人たちが支えていることがひしひしとわかります。不況が長引き、その人たちが疲れ果て始めていることもひしひしとわかるのですがね。
 これでうまくいく組織というのは、今も昔も、あるのだと思います。ただそれは経済学の冷たい言葉を使うと、再生産不可能なもの、たまたま生まれてくるのを待つしかないものをシステムにつぎ込んで、その生み出すレントをシステムが分けてもらっているんだと思いますね。天才的な目利きとか、理想に燃えるカリスマリーダーとその協力者とかいったものは、計画的に育てることが出来ません。だから組織としてそういう仕組みが、自然人の一生を超えて保つかというと、これは難しいと思います。
 ただ事実として、すでにサーチエンジンの検索結果を
精度の高い「自動ジャーナリズム装置」としての検索エンジン
と勝手に見なしている学生さんは、明らかにいます。リンク先の情報が正しいかどうか、他の情報源と比較してみることをしない人が。間にコンピュータが入ると、その検索エンジンを運営する業者の存在を忘れてしまう人がいるわけです。これは情報操作に対して脆弱な状態です。例えば似たような内容のエントリーをわざと各社のblogに書き、どれが検索上位に来るか試した人がいるそうです。どういうわけか特定の検索エンジンでは、特定業者のblogが上に来たんだとか。例えば検索ロボットの巡回回数を特定のblogだけ多くすれば上位に来やすくなるわけですが、その検索ロボットの巡回回数は誰が決めるのか、普通の人はまだ気づかないようです。

たまたまこんなニュースも。
| 並河 永 | 時事・議論 | 17:33 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:33 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hnami.jugem.cc/trackback/97
プロのジャーナリズムとは何かについて考える・最終回
 シリーズ最終回となる今回、通常の1.5倍の長文です。覚悟されたし。  前回(3回目)のエントリで、「既存の商業ジャーナリズムのコアバリューは調査報道であり、ネ
| R30::マーケティング社会時評 | 2004/12/15 4:20 AM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

bolg index このページの先頭へ